スポーツトレーナー

プロ野球のトレーナーって!?③

2010/12/02 記事 (amebloから抜粋)

トレーナーの仕事 5項目続き・・・

2番目は「ケガの予防とコンディショニング
疲労回復、主にマッサージになりますね。体に生じた捻れや歪みを正します。これは整体ですね。一軍でしたら、試合出場は可能だけどどこか「だるい」とか「重たい」とかありますよね。こういったもののケアをやっています。マッサージ、ストレッチ、鍼、PNF(固有受容性神経筋促通法)といった理学療法、そして予防や再発防止のテーピングですね。

3番目は「治療・リハビリ
主に二軍のトレーナーの管轄になります。動けない故障者は二軍にいますので。色々な手技を使って、故障者の治療にあたります。それから、リハビリ。理学療法士がいるチームは、リハビリメニュー作成を含めて理学療法士が担当します。トレーナーは、チームドクターと連携して経過のチェックなどを行います。

4番目は「選手と首脳陣とのパイプ役
選手の状態をトレーナーが把握して、監督・コーチや球団に報告します。逆に「1年間この選手をどのように使うか」といった首脳陣の考え方をトレーナーが把握して、それを元に選手を調整します。

_シーズン前に会議があるんですか?

1月にスタッフミーティングがあるので、まずそこで1年間の大まかな計画が作られます。

_時には「ゆっくり治す時間が無いから荒療治してくれ」なんて指示もあるんですか?

荒療治は無いですね。基本的には故障者はゆっくり治す(確実に)というのが方針ですので。「早く復帰できるように頑張ってくれ」という事はありますよ。

2番目、3番目の項目がトレーナーにとっては腕の見せ所です。一軍は基本的に故障者はいないわけでして、どちらかと言うと、より良いパフォーマンスを発揮できるよう調整するのが仕事。二軍は、故障者を早く復帰させることが仕事。また、若手を育てる体づくりも仕事の一部です。治療に関しての手技は何でもいいんです。自分の自信のある治療法で頑張ってもらうというのが基本です。

4番目は、チームの方針が分からなければ選手の調整タイミングが分からなくなります。時には、コーチと話し込むのも必要でしょうね。

続きはまた後ほど・・・

(^O^)/

ピックアップ記事

  1. アスレチック・トレーナーとは?
  2. 調子は伝染する 〜好調、不調はチーム内で伝染する〜
  3. スポーツ障害:何が正しいのかを知らないからケガをする
  4. 【矢作塾】スポーツweb塾
  5. キャッチボールの大切さ 〜キャッチボールは野球の基本である〜

関連記事

  1. スポーツトレーナー

    トレーナーの仕事

    トレーナーの仕事以前からトレーナーについてのブログをアップしてきて…

  2. スポーツトレーナー

    想像力を働かせ 〜どのように身体を使っているのか想像する〜

    想像力を働かせ大学生野球部 ギックリ腰 内野手 右投げ、左打ち…

  3. スポーツトレーナー

    プロ野球のトレーナーって!?①

    2010/11/30 記事 (amebloから抜粋)TBS…

  4. スポーツトレーナー

    プロ野球のトレーナーって!?⑦

    2010/12/06 記事 (amebloから抜粋)トレー…

  5. スポーツトレーナー

    プロ野球のトレーナーって!?④

    2010/12/03 記事 (amebloから抜粋)トレー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    矢作塾公式twitter

    1. 障害の治療

      筋肉にも意思がある 〜嫌なことがあると硬くなる〜
    2. スポーツトレーナー

      プロ野球のトレーナーって!?⑦
    3. スポーツトレーナー

      プロ野球のトレーナーって!?⑩ 最終回
    4. ②ブログ

      【矢作塾】スポーツweb塾
    5. スポーツトレーナー

      正しいもの 〜何が「正しいもの」なのか?まず、それを知ること〜
    PAGE TOP