②ブログ

矢作塾:ノウハウというもの 〜頭の中にあるものがノウハウでありどのように教えるかが問題だ〜

これから「矢作塾」を始めていくにあたって、
「ノウハウ」をどのように扱うかについて悩むところである。

例えば、膝の半月板の位置調整のノウハウがあるが、
このノウハウは頭の中にあり、決して言葉では表現できないものである。
何しろ、半月板は指で触れる位置にあるわけではなく、
当然、見えているものでもない。
すべては、指先の感覚と、中を見透す第三の目が必要だからだ。

何よりも、膝の状態がどうなっているのかを知ること自体が先なんだが。

手取り足取り教えていっても、最短でも数年はかかるだろう。
ある程度の感覚的なところは、子供でもわかるような擬音を使ったりして、
どうにか表現は出来るかもしれない。
感覚を脳に教え込んでいくという・・・難しいことをしなければならない。

もちろん、
私が、今までにやってきたこと、
失敗したこと、遠回りしたこと、そういうものを取り払えば、
かなり早くにマスター出来るのかもしれない。
それなりの、過程というものが必要であり、大切である。

矢作治療院 (^O^)/

ピックアップ記事

  1. プロ野球のトレーナーって!?③
  2. 【矢作塾】スポーツweb塾
  3. アスレチック・トレーナーとは?
  4. プロ野球のトレーナーって!?②
  5. 正しいもの 〜何が「正しいもの」なのか?まず、それを知ること〜

関連記事

  1. ②ブログ

    【矢作塾】スポーツweb塾

    【矢作塾】:身体の仕組みや使い方を研究し、スポーツ上達に活かし、治療も…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    矢作塾公式twitter

    1. スポーツトレーナー

      想像力を働かせ 〜どのように身体を使っているのか想像する〜
    2. スポーツトレーナー

      アスレチック・トレーナーとは?
    3. スポーツ上達法

      調子は伝染する 〜好調、不調はチーム内で伝染する〜
    4. スポーツトレーナー

      そう容易いものではない 〜学校でマニュアルを覚えたくらいで治療が出来ると思うな〜…
    5. ②ブログ

      矢作塾:ノウハウというもの 〜頭の中にあるものがノウハウでありどのように教えるか…
    PAGE TOP