スポーツ上達法

キャッチボールの大切さ 〜キャッチボールは野球の基本である〜

2010/02/04 記事 (amebloから抜粋)

横浜ベイスターズの尾花監督が実践している
投手陣の立て直し計画で、
キャッチボールの大切さを教えている。

故根本陸夫氏、廣岡達朗氏が監督時代に
いかにキャッチボールが大切かを実践していたのを
思い出す。

キャッチボールは
まず肩を大きく回し、潤滑油を隅々まで届かすかのように
楽に回せるようにしながら、徐々に体全体で
投げていくようにする。
グラブの方の腕も使い、コントロールをつけていく。
言葉のキャッチボールも大切で、
お互いに声をかけながら、
相手の顔から胸に捕りやすい送球を心がける・・・

遠投に入ってもよし、
短い距離で強めに投げてもよし・・・

キャッチボールは野球の基本である。
心して行うように (^_^)v

20分~30分の2セットは正解だと思います。

(^O^)/

矢作治療院 (^^)/

ピックアップ記事

  1. アスレチック・トレーナーとは?
  2. プロ野球のトレーナーって!?⑧
  3. プロ野球のトレーナーって!?⑩ 最終回
  4. プロ野球のトレーナーって!?⑨
  5. 遭遇しないこと 〜予期せぬ事に遭遇しないこと、これが究極なり〜

関連記事

  1. スポーツ上達法

    遭遇しないこと 〜予期せぬ事に遭遇しないこと、これが究極なり〜

    遭遇しないこと悪い意味での、予期せぬ事に遭遇しないこと。合気道…

  2. スポーツ上達法

    打球を正面で捕れとは?その「正面」とは?

    正面で捕れとは?今日ラジオで野球の基本の中で、「正面で捕れ」という…

  3. スポーツ上達法

    調子は伝染する 〜好調、不調はチーム内で伝染する〜

    調子は伝染する(古い記事の転載です。)好調、不調は伝染する…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    矢作塾公式twitter

    1. スポーツ上達法

      調子は伝染する 〜好調、不調はチーム内で伝染する〜
    2. 障害の治療

      太ももの裏(ハムストリングス)の痛み
    3. スポーツトレーナー

      プロ野球のトレーナーって!?⑤
    4. スポーツトレーナー

      プロ野球のトレーナーって!?④
    5. 障害の治療

      筋肉にも意思がある 〜嫌なことがあると硬くなる〜
    PAGE TOP