スポーツトレーナー

想像力を働かせ 〜どのように身体を使っているのか想像する〜

想像力を働かせ

大学生野球部 ギックリ腰 内野手 右投げ、左打ち

何故、腰を痛めることになったのかを質問されたので、簡単ですがお答えしました。
「ハーフスイングが多いでしょ?」
「えっ、何で分かるんですか?」って・・・言われても、
腰に書いてあるんです。

「ハーフスイングばかりやって、急激に止めるから疲れちゃったよ~~」って書いてあります。
最近、打ち方を変えて、腰の回転ばかりに気を使ってるから・・・
そうです。腰の回転にばかり意識を持っていくから、クソボールに手を出してしまって、ファールで逃げるならまだしも、思いっきり止めてしまうから、腰の筋肉が悲鳴を上げているんですよと言いました。意識するべきは、ボールを捉えることです。ボールを捉えてから、打つ、打たないの判断のもと、後ろ足の親指から始動して、蹴っていくんです。ハーフスイングはほとんどしないでしょう。

野球も、治療も 「想像力」です。

トレーナーは、コーチではないので「フォーム」という言葉は使いません。言っていることがまったく同じであっても、トレーナーは、「体の使い方」と表現します。
トレーナーはコーチの「選手起用、作戦企画」以外の大部分の仕事を含みます。普通は、越権行為だから、踏み入るなと言われますが、違います。「体の使い方」である以上は、選手の故障や怪我の予防を考える上で必要なことです。だから、「想像力」を働かせて、選手の動きを見極めるのです。

「想像力」、つまりイメージトレーニングやシミュレーションは、実際には行っていないけど、経験として脳にインプットされます。クリアにリアルに想像できれば、その動きは可能となります。
できない動き、何故、できない・・・それは体に書いてある!

矢作治療院

ピックアップ記事

  1. そう容易いものではない 〜学校でマニュアルを覚えたくらいで治療が出来ると思うな〜…
  2. プロ野球のトレーナーって!?③
  3. エラーが出るにも理由がある 〜ただ叱るだけでは育たない。何が原因なのかよく観察す…
  4. スポーツ障害:何が正しいのかを知らないからケガをする
  5. 矢作塾:ノウハウというもの 〜頭の中にあるものがノウハウでありどのように教えるか…

関連記事

  1. スポーツトレーナー

    プロ野球のトレーナーって!?⑦

    2010/12/06 記事 (amebloから抜粋)トレー…

  2. スポーツトレーナー

    プロ野球のトレーナーって!?⑨

    2010/12/08 記事 (amebloから抜粋)トレー…

  3. スポーツトレーナー

    プロ野球のトレーナーって!?②

    2010/12/01 記事 (amebloから抜粋)TBS…

  4. スポーツトレーナー

    プロ野球のトレーナーって!?⑥

    2010/12/05 記事 (amebloから抜粋)②選手…

  5. スポーツトレーナー

    トレーナーの仕事

    トレーナーの仕事以前からトレーナーについてのブログをアップしてきて…

  6. スポーツトレーナー

    プロ野球のトレーナーって!?⑤

    2010/12/04 記事 (amebloから抜粋)トレー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    矢作塾公式twitter

    1. スポーツトレーナー

      プロ野球のトレーナーって!?⑩ 最終回
    2. スポーツトレーナー

      プロ野球のトレーナーって!?⑤
    3. ②ブログ

      矢作塾:ノウハウというもの 〜頭の中にあるものがノウハウでありどのように教えるか…
    4. スポーツトレーナー

      正しいもの 〜何が「正しいもの」なのか?まず、それを知ること〜
    5. 障害の治療

      筋肉にも意思がある 〜嫌なことがあると硬くなる〜
    PAGE TOP